ダイケンアーキテクツ 株式会社 大建建設

建ててからも安心が続く住まい

心地よい暮らしをデザインする」というコンセプトに基づいて、できるだけお客様のご要望や暮らしに寄り添ったご提案をさせていただいています。心地よい暮らしの前提にあるのは「安心」。建ててから何十年も住んでいくことを考えて、安心・安全という部分はとても大事にしています。

ダイケンは今年で創業55年。半世紀以上、地元でお仕事してきたことでお客様との信頼関係を築いてきました。施工部門は会社に技術者がいますし、住宅部門は自社の大工さんがいます。また、新築部門は建築士の免許を持った者しかお客様対応しておりません。お客様にとって大きなお金を使う機会になりますので、きちんとした設計と施工をさせていただいています

また、私たちは新築のご相談から施工、建てた後のサポートまでワンストップで対応できます。近年は毎年のように地震や自然災害があり、大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃいます。当たり前の性能というのはきちんと担保しなくてはいけない、むしろ当たり前以上にやらなくてはいけない。そんな想いで、お客様に安心してお住まいいただけるように精一杯サポートさせていただきます。

デザインや素材からアフターサポートまで充実

ダイケンアーキテクツのコンセプトは『ずっと暮らしたい新潟へ。

デザイン住宅としての美しさはもちろん、ご家族の「住み心地」と「暮らし」もデザインする家族目線のお家をお客様に寄り添い自社設計いたします。住むほどに満足度が高まり、心地よい暮らしがずっと続いていく。そんなお家を目指しています。

POINT1. 良いところを活かす

お家を建てるときの主な選択肢は、ハウスメーカー・設計事務所・工務店の3つ。社会的な信頼度の高さやデザイン性の高さなど、それぞれの強いところを組み合わせて取り入れたお家づくりを目指しています。

POINT2. 太陽に素直な設計

光の取り入れ方を考えながら空間をつくる「太陽に素直な設計」。季節ごとの太陽の高度なども視野に入れながら、お客様のご要望に合ったデザインと間取りを作成しています。またお客様がどんな暮らしをしたいのか、その中でもどこを重視しているのかを把握しながらご提案をしていくように心掛けています。

POINT3. 本物の素材を使う

家づくりにおいて大切にしているポイントの一つは素材感。無垢や古レンガなど、素材を生かしたデザインが特徴です。本物の素材が入るとアクセントになり、空間の雰囲気も変わります。モデルハウスや見学会で実際に見ていただきながらご提案していますね。

POINT4. すぐに駆け付ける

施工エリアを新潟市内だけに絞っているので、チャット機能などを使うことで何かあればすぐに駆けつけられます。お客様との距離はかなり近く「すぐ来てくれますね」とご安心いただいています。

これからのスタンダードをつくる町

近年、他のご家族とコミュニケーションを取るような機会も減り、人との繋がりが薄れてきていると思います。その中で、町という一つの大きなコミュニティを道がつむぐというコンセプトに非常に面白さを感じましたし、これからの世の中のスタンダードの一つになるのかなと思いました。

また『みちまち』では太陽光や蓄電池を使った持続可能な住まいもテーマです。太陽光発電システムでは以前のような「太陽光パネルを上げれば売電収入で儲かるよね」という時代は終わったと思います。今後は持続可能という観点で「自分の家で発電した電気を自分の家で溜めて使っていく」という生活がメインになる、そんな入れ替わりの時期ではないでしょうか。

『みちまち』は南側に大きな道がありますので、長い時間を過ごされるであろうLDKを南側に置いて、明るいお家を考えています。『みちまち』では住まいもコミュニティの一部なので、ご家族のプライバシーにも配慮しつつ町とも繋がれる間取りをご提案したいです

メッセージ

「日々をつむぐ道がある町」というコンセプトで、一本の道を中心としてご家族の営みとそこに住む住民同士をつなぐ憩いの空間がある町というものに興味を抱きました。

そのコンセプトの中で、ダイケンも『みちまち』の暮らしづくりの一部として居心地の良い暮らしの創造をご提案したいと思っています。

『みちまち』は、道や公園などの共有スペースを通して町の皆さんと繋がれる町。人とコミュニケーションを取りたいと思っているけど、こういう時代でなかなかでていないと感じている方にはぜひおすすめしたいです!

インタビューを動画で見る